日記

2022-11-12 16:35:00

土曜日

イベントに送る半襟の支度や、

月末のイベントに合わせた準備。

その間にイラストの仕事のラフを描いてメールで送って

その合間に近くのお花屋さんへ。

もうすっかりクリスマスの商品が並んで

見ているだけで心がウキウキとしてしまうのは

子どのものころから変わらないクリスマスマジック。

ツルウメモドキのリース、入り口にあるポットに寄せ植えするパンジー。

パンジーは青と黒みがかったもの、それに白い小花とミントを添えました。

314930554_1170627000218791_4836102196062113478_n.jpg

 

自然の色にはやはりかなわないな。

今日ウエブショップにアップしたのはオモダカ、

これは本当に奥深い味のある一枚です。

オモダカ生成り4.jpg

オモダカの半襟・生成り

2022-11-11 16:19:00

金曜日

314930554_1170627000218791_4836102196062113478_n.jpg

このところクリスマスのサンタやノエルの半襟を毎日作っています。

クリスマスのモチーフはたくさんあってきれいで、

いろんなデザインが浮かびます。

山帰来やツルウメモドキ、ローズヒップなど。

近所のお花屋さんで見つけたのはツルウメモドキのリース。

オレンジがかった実に黄色いがくが付いています。

スケッチして、半襟にしたときにきれいに配置できるように

デザインをします。

上手く出来たら来週くらいには試作が出来るかな。

スケッチが終わったら、ドアにリースを飾りましょう。

 

2022-11-10 17:16:00

木曜日

この頃毎日クリスマスの半襟を作っています。

昨年末にクリスマス2021を発表したその年は

注文はそんなにたくさんはなかったのですが、

今年は作っても作っても間に合いません。

昨年は「クリスマスの半襟があるな」という認識をしてくださって、

今年はそうそう「クリスマスの半襟があったな」と

購入対象にしてくださったのかなと考えます。

商いは長く続けていって初めて実を結ぶのだなと

ちょっと大げさですが、そんなことを実感しています。

今年は2021を2022に変えてお届けしています。

クリスマス2022

クリスマス20202.jpg

そしてもう一つのクリスマスっぽい半襟はノエル

この半襟はダイレクトにクリスマスモチーフが入っているわけではないのですが

とってもクリスマスシーズンに重なるデザインです。

ノエル1.jpg

この2枚を持っていると選択肢が広がって、

年末のコーデをより楽しめるかなと思います。

2022-11-09 18:01:00

水曜日

良いお天気が続きます。

午前中に刺繍の下糸を切ったり目を使う仕事を窓際で行います。

太陽の光で見ると隅々までよく見えるので、

それに日の光の方がライトなどよりも目が疲れにくい気がします。

ビーズを付けてアイロンをかけてオモダカの刺繍半襟は出来上がりです。

313412384_5626694754085738_5570666778947344371_n.jpg

オモダカの半襟は人気があって、毎月必ず作る半襟です。

オーガンジーだけではなく、今別の布で試作中です。

とてもきれいな仕上がりなので、近々ショップに登場するかもしれません。

 

2022-11-08 09:15:00

火曜日

今日はモダン着物小物梅屋さんのkippeのお着物に刺繍を入れます。

富士商会が着物に刺繍を入れるのは、梅屋さんのお着物だけ。

色々な刺繍のご依頼を受けています。

デザインは富士商会のウエブショップにある半襟のデザインの中から

お好きなものをお選びいただけます。

衿や衽、背紋などお好みで刺繍します。

デザインによっては生地にダメージを与えそうだと思ったら、

出来ないと判断するものもあります。

ますは梅屋さんにご相談をいただき、

打ち合わせをしながら進めていきます。

梅屋さん、富士商会、和裁士さんと連携で進めますので、

仕上がりまで数か月かかりますが、

時間をかけて出来上がりを待つのも又楽しいものです。

 

梅屋さんのショップ内の刺繍オーダーのページはこちら

梅屋.jpg

 

1 2 3 4 5 6 7